>  > 出稼ぎが風俗関連の言葉と認識されるまで

出稼ぎが風俗関連の言葉と認識されるまで

その当時はデリヘルやイメクラやオナクラなどのジャンルは少なく、ほとんどがソープ店等の本番行為が許される店舗が多く、風俗に関しての法律がまだ厳しく取り締まれる前でした。そういったお店も多く、働く女の子も地元の子が多く盛況していたそうです。この高度経済成長した最中でも貧しい貧困層も多かったのも事実です。特にこの時代は男尊女卑の概念が強く、女性がまともに働ける場所は限られていました。その多くはスナックやパブや居酒屋等で、安月給で働く他なかったのです。貧困層の中には借金を抱えている方も多く、その借り入れ先からの紹介で風俗店に出稼ぎに行かされる事も多かったようです。出稼ぎ先は観光地が多く、温泉街等の宿泊施設が整っている場所が主だったようです。出稼ぎに行かされるの他に、地方に飛ばされる、という言葉はネガティブな印象が付いてきて風俗に関係する言葉として認識され始めました。現代でも使われている「出稼ぎ」はこの頃から風俗のイメージを持って伝わっているとされています。現代ではネガティブなイメージは多少残るものの、昔ほどのマイナスなイメージは無く純粋に稼ぎにきたという印象が強くなってきているのではないでしょうか。中には借金や生活苦で出稼ぎをしにくる女の子が居るかもしれませんが、お金を稼ぐ目的が借金返済や生活維持の為ではなくなってきているのは事実です。独立や遊ぶお金や趣味に使うお金を稼ぐ女の子も多く、自身の身体を売ることに抵抗を持つ女の子が以前よりも少なくなってきたような印象を受けます。良く言えば割り切って行動できる女の子が多くなったと言えます。貞操観念の減退にも繋がりますが、それだけ社会的に女性の動きが活発化しているとも考えられます。女性の社会進出は日本にとって大きな原動力になります。現代だからこそ言えることなのですが、社員で働く女性の数は年々増え続けています。風俗で働く女性は少なくなってきていると言われていますが、この減退には少なくとも少子高齢化が関係していることでしょう。出稼ぎで働く女の子の多くは副業としている方が多く、本業を風俗店にしている女の子の方が稀であることが顕著に分かります。正直風俗業界で最も重要となるのがプロポーションはもちろんの事、年齢も重要となってきます。女性が人生の中で最も旬を迎えるのが20代と言われています。その20代を中心に採用している風俗店は多く、30代や40代になると人妻系の風俗店になります。また、最近では50代以降の女性も採用している熟女系の風俗店もあり、年齢を重ねても風俗で働く手段は残されていますがはたしてその年齢まで働く人は何人居るのかと言うことです。

[ 2015-09-14 ]

カテゴリ: 求人体験談

風俗・デリヘル 出稼ぎでお悩みの女の子が読む四国/高知の求人情報

月別アーカイブ

フリースペース